ここから本文です

アジア安全保障会議が開幕

6/3(土) 9:02配信

ホウドウキョク

各国の国防担当のトップらが意見を交わす、アジア安全保障会議が2日、シンガポールで開幕した。
緊張が高まる、北朝鮮問題への各国の対応が注目される。
会議には、稲田防衛相やアメリカのマティス国防長官、中国の何雷軍事科学院副院長らが出席し、北朝鮮問題や、中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題への対応が、主な焦点となっている。
初日は、オーストラリアのターンブル首相が基調講演し、北朝鮮への影響力を持つ中国に、積極的な役割を果たすよう求めた。
ターンブル首相は「中国には、北朝鮮の挑発を終わらせる、能力と責任がある」と述べた。
3日には、マティス国防長官や稲田防衛相も講演する予定で、北朝鮮との対話を重視する中国に対して、どこまで踏み込んだ発言をするかが注目される。