ここから本文です

マティス米国防長官に中国反発

6/3(土) 22:00配信

ホウドウキョク

中国の代表が、アメリカに反論した。
中国軍事科学院の何雷副院長は「朝鮮の核問題の根源は、米朝間の不信感にある」と述べた。
シンガポールで開かれているアジア安全保障会議で、アメリカのマティス国防長官が、北朝鮮問題で中国が役割を果たすよう求めたのに対し、中国軍事科学院の何雷副院長は、「中国は積極的に努力している」と反論した。
また、会議で中国による南シナ海の軍事拠点化に対する批判が相次いでいることについて、何氏は「南シナ海に、航行の自由の問題は存在しない。中国政府は、国際規範、地域の規範の保護者だ」と主張した。
さらに、マティス長官が台湾への武器供与継続を表明したことについて、「中国は台湾への武器売却に断固反対する」と反発した。

最終更新:6/3(土) 22:00
ホウドウキョク