ここから本文です

オリ・福良監督、救援陣を評価「よく頑張ってくれた」

6/3(土) 20:15配信

ベースボールキング

● 巨人 4 - 5 オリックス ○
<2回戦 東京ドーム>

 先発の松葉貴大が6回に、巨人の村田修一に満塁本塁打を浴びたが、リリーフ陣が踏ん張り1点差で逃げ切った。

 5点リードの6回、先発の松葉が無死満塁のピンチを招くと、巨人の4番・村田にレフトスタンドに豪快な満塁弾を浴び1点差に迫られる。巨人に流れが傾きかけたが、オリックスのリリーフ陣が踏ん張った。

 村田に満塁弾を浴びた松葉に代わって、ヘルメンが登板。二死後、橋本到にセンター前ヒットを打たれたが、続く相川亮二を空振り三振に仕留め無失点で切り抜ける。7回もマウンドにあがったヘルメンは、代打の亀井善行を空振り三振、坂本勇人を右飛、石川慎吾を二ゴロに打ち取り、この回も無失点に抑えた。

 8回からはセットアッパーの黒木優太が登場。黒木はクリーンナップから始まる打順も3番・マギーを遊飛、4番・村田を右飛、5番・クルーズを三ゴロと、テンポよく8球で仕留めた。

 1点リードの9回は、この日が4連投となる守護神・平野佳寿がマウンドへ。前日は満塁のピンチを招きながらも無失点に抑えた平野だが、この日は危なげない投球で、きっちりと打者3人で締めた。

 試合後、福良淳一監督は「ヘルメン、黒木、4連投の平野が、よく頑張ってくれた」と傾きかけた流れを再び引き戻した救援陣を評価。

 リリーフ陣の頑張りもあり連勝を6に伸ばしたが福良監督は明日に向けて「何とか(白星が)とれるように全員で頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 18:10