ここから本文です

ハースF1「チーム史上初のダブル入賞は運ではなく実力による成果」目標はランキング6位

6/3(土) 7:06配信

オートスポーツweb

 ハースF1チームがモナコGPで成し遂げた「歴史的な」初のダブル入賞は、チーム代表ギュンター・シュタイナーによれば、ただの運によるものではなく、チームの成熟度合いが高まっているためだという。

「今季はコンストラクターズ6位で満足」と語るシュタイナー

 ハースは昨年F1に新規参入して以来、初めて2人のドライバーをトップ10以内に送り込むことに成功、モナコでロマン・グロージャンが8位、そしてケビン・マグヌッセンが10位で入賞した。

 これによりハースは、今シーズン6戦中4戦でポイントを獲得したことになる。

「成長したためだ」とシュタイナーは説明した。「人は進歩していく必要がある。時間とともに多くのことが良くなっていく。『ローマは一日にして成らず』ということだ」

「歴史的な1日だった。しかし人は常にさらなる向上を望むものであり、それが人生だ」

「今後もまだ不調な時もあるだろうが、我々は過去1年半の間にかなり成長した」

「成熟してきたということだ。特定のことは時間をかけて学ぶしかない。金で買うことはできない」

「ミスを犯しても、そこから学んで対応していかなければならない。しかしこの週末のチームの仕事ぶりには大変感銘を受けた」

「モナコでは、常にピットウォールの中が少々慌ただしいが、2台がポイント争いをしていても非常に統制のとれた雰囲気だった」

「これからも、さらに何度かいい結果を出せるだろうし、確実によくなっていくと思っている」

 ハースはコンストラクターズ選手権で8位につけており、7位のルノーとは同点、5位のトロロッソとは15ポイント差となっている。

 シュタイナーは、コンストラクターズランキング6位で今シーズンを終えることができれば満足だろうと語った。現在6位はウイリアムズで、ここまでの6戦で20点を上げており、一方ハースの合計得点は14ポイントだ。

「絶対諦めない。しかし(53ポイントで4位につけている)フォース・インディアは今年何度か、いいタイミングでいい位置に、しかも常に2台ともがつけてきたと思う」とシュタイナー。
   
「形勢は変わるかもしれない。モナコで彼らの(好調だった)流れが変わり、ポイントを獲得できなかった。こんなことが何度かあれば、すぐに後退するだろう」
  
「とはいえ、5位を狙うと言えば少しばかり欲張り過ぎだろう。6位を獲れれば満足だ」

[オートスポーツweb ]