ここから本文です

困り事解決でポイント、加賀市が新制度 買い物、入浴に利用

6/3(土) 1:34配信

北國新聞社

 加賀市は今年度、山中地域で、住民の「困り事」を解決する奉仕活動に対し、買い物や温泉入浴などに利用できるポイントを付与する制度の創設に着手する。来年度中に住民のニーズに合わせてボランティアを派遣する仕組みをつくり、地域の絆を強める。市6月補正予算案に1千万円を盛り込んだ。

 「加賀市版・生涯活躍のまち基本計画」に基づく取り組みで、買い物代行や草刈り、ペットの世話などの奉仕活動に応じて「地域貢献ポイント」を付与する方針である。計画では、スマートフォンなどに対応する専用アプリを開発し、奉仕活動の依頼や提供ができるようにする。

 また、山中地域では、生活習慣病や認知症予防に向けた健康増進プログラムの開発、認知症予防のシンポジウム開催にも取り組む。

北國新聞社

最終更新:6/3(土) 1:34
北國新聞社