ここから本文です

日本ハム・中田 大ブレーキ5タコ3三振 「俺が全部止めちゃった」

6/4(日) 5:00配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神4-2日本ハム」(3日、甲子園球場)

 主砲のブレーキが最後まで響いた。九回2死二、三塁の打席で捕邪飛に倒れると、日本ハム・中田翔内野手(28)は天を仰いだ。5打数無安打3三振を喫し、チームも逆転負け。「俺が全部止めちゃったね」と敗戦の責任を背負った。

【写真】日本ハムに内紛? 中田に腕をつかまれ同僚が直立不動に…

 好機で凡退を繰り返した。初回1点先制しなおも無死一、二塁。青柳のシュートに詰まり遊ゴロ。三、五回と空振り三振。変則右腕を攻略できなかった。「別にパ・リーグにもいるからね。いいボールが多かった。内角にもいいところにきていたし」と相手右腕の力投に脱帽するしかなかった。

 前カードDeNA3連戦では11打数5安打、打率・455と打ちまくり甲子園に乗り込んだが、この2試合は10打数無安打。打撃練習では聖地で柵越えを放った後「屋外は気持ちいいね」と話していたが、ピタリと快音は止まった。

 連勝が「3」で止まり栗山監督は「相手より点が取れないと勝てないということ。こっちは信じているだけなんで」と、悔しさをバネにした主砲の爆発を願った。

スポーツナビ 野球情報