ここから本文です

LAID BACK OCEAN 年内にメンバー999人を目指し全国ツアー開幕、新体制後初の新曲も発売

6/4(日) 0:45配信

エキサイトミュージック

LAID BACK OCEANが全国ツアー『RE:SOUZOU 2 Tour』を6月2日(土)、柏PALOOZA公演よりスタートさせた。ツアー初日は2マン形式。最初にステージに立ったのは、東京都町田市出身の6人組ロックバンドBrand New Vibe。6月21日にリリースするニューシングル『Wonderful World』の収録曲も披露して盛り上げた彼らに続いて、LAID BACK OCEANのYAFUMI(Vo)、KAZUKI(Gt)、KYOHEI(Ba)、SEIJI(Dr)、SYUTO(Pf)が登場した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「よくこの夜まで辿り着いてくれました。辛いことも悲しいこともいろいろあったでしょう」、YAFUMIが観客に呼びかけて、演奏がスタート。強烈な爆音が柏PALOOZAをみるみる内に熱く染め上げた。ピアノが流麗なメロディを奏でつつ、シャープなビートも生み出しているのが心地よい。アグレッシヴなサウンドに瑞々しい要素を絶妙に加えるLAID BACK OCEANの独自性が、序盤から冴え渡っていた。

ツアーはこの先も続くので、披露された曲名の言及は避けるが、RE:SOUZOU2最新作『告別』からの新曲、「カップラーメン ジェネレーション」等おなじみの曲、PUNK BACK OCEAN曲、そして今までPUNK BACK OCEAN名義でのライブでしか演奏していなかったゼリ→楽曲も盛り込まれていたセットリストは、とても内容が濃かった。興奮を露わにしつつも、届けられる言葉の数々をしっかり受け止めていた観客の姿が印象深い。LAID BACK OCEANの音楽に刻まれている深いメッセージが、ファンにとってかけがえのないものとなっていることを実感した。

「どうせロックバンドをやってるんだったら、誰もやってないようなことをやりたいなと思ってて」……「音楽+何かを“体験できる”パッケージを!」というテーマを掲げて昨年から斬新な音源リリースを企画&実現している『RE:SOUZOU PROJECT』に触れたり、誕生日を迎えた観客のために「♪Happy birthday to you~」と歌ったりするなど、アットホームな場面も挟みながら多彩な曲を披露した本編の後に行われたアンコール。「俺たちもBrand New Vibeも、これからのバンドで、お互いに夢を見てます。志に近いものがあって、この星の下に集まったと思ってるので、そんな俺たちを見ていてください!」というYAFUMI のMCの後、最後の1曲を演奏したLAID BACK OCEANのメンバーたちは、とてもすがすがしい表情を浮かべていた。

『RE:SOUZOU 2 Tour』は今後も全国各地を巡る。対バン形式の他、恒例の海の日ライブ他ワンマンも含まれるこのツアーは、LAID BACK OCEANの魅力をさらに磨き上げることになるだろう。

ツアー中の6月9日にはUVERworld、AK-69らとの対バンイベント出演や、6月21日~より3週連続で新体制後初(4年10ヶ月ぶり)となる音源の公式リリース(音楽配信)が決定。また、年内にメンバーを999人まで増やす活動「#LBO999」を実行中の彼らはこの日、2名の新メンバーのカメラマンによるライブ撮影を実施し活動の成果をアピールした。
(取材・文/田中 大)

≪ライブ情報≫
【LAID BACK OCEAN 「RE:SOUZOU 2 Tour」】
2017年6月23日(金)神戸 太陽と虎
2017年6月25日(日)福岡 Graf ※ワンマン
2017年6月26日(月)大分 club SPOT
2017年6月27日(火)広島 SECOND CRUTCH
2017年7月2日(日)仙台 BIRDLAND
2017年7月8日(土)名古屋UPSET ※ワンマン
2017年7月15日(土)大阪 CLUB DROP ※ワンマン
2017年7月17日(月・祝)東京 ASTRO HALL 「海のヒィィィィィィ2017」 ※ワンマン

【LOCK YOU】
2017年6月9日(金)赤坂BLITZ
w / UVERworld、AK-69、HIDE春