ここから本文です

【巨人】甘いバッテリーで9連敗!最悪借金6

6/4(日) 5:02配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人4―5オリックス(3日・東京ドーム)

 最後まで応援してくれたファンに、何とか勝利を届けたかった。あと1点。たかが1点。これが何とも遠かった。止まらぬ、9連敗。連日の1点差負けに由伸監督の歯切れは悪かった。「紙一重? まあ、そうなんだけどね。良く言えば、そうなんだけどね」。就任後最多の借金6。バッシングが多い中、温かい声援もベンチには届いている。だからこそ悔しさは増した。

【写真】1点差に迫る満塁本塁打を放った村田だが350号も空砲…

 田口で何とか―。前回4回途中7失点の宮国とローテの順番を入れ替え、左腕を今季初の中5日で送り込んだ。前日は監督就任2年目で最多となる、1、2軍間の8人同時入れ替えという大ナタを振るったが、この日も動いた。だが、初回にT―岡田の3ランを含む5長短打で4失点。重い雰囲気をさらに悪化させた。

 5回5失点。当然、敗因の一人だ。だが、由伸監督は「田口どうのこうのはどうかなと思うけど、今日の試合だけを考えると初回はもったいなかった」と指摘した。先発3本柱の一角だから求めるものは高い。しかし、この試合ばかりは捕手・小林にも原因はあった。

 その初回。T―岡田まで、真っすぐとスライダーのみで攻めた。次の7番・大城で初めてチェンジアップを解禁した。村田善バッテリーコーチは「チェンジは最近あまり使ってなかった。曲がり球でカウントをつくれる状況ならいいけど、今日はそうじゃなかった」と分析した。“チェンジ封印”が頭にあれば、的は絞りやすい。T―岡田は、3球続けたスライダーの後の直球を、見事に打ち返した。

 そんな小林を、3回無死一塁で打席に立たせることなく代えた。「打てないなら守らなくちゃいけないんだけど。数試合の点の取られ方もあったから」と攻撃に切り替えたと同時に、反省を促した。もちろん、田口もサインに首を振るなり、意思表示できるレベルにあるはず。バッテリーの“甘さ”が命取りになった。

 指揮官の言う「もったいない」ゲームが続いている。個々が役割をまっとうできていない。球団史上、9連敗以上したのは3シーズンで計4度あり、いずれも優勝を逃してきた。「V率0%」の厳しい現実も、巻き返せるだけのチーム力はあるはずだ。(水井 基博)

最終更新:6/4(日) 7:58
スポーツ報知