ここから本文です

石巻で映画製作スクール開講へ 映像制作のプロを講師に招き、完成作品上映会も /宮城

6/4(日) 17:41配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 「橋通りCOMMON(コモン)」(石巻市中央2)で7月から、「映画製作スクール」が開講する。主催は、石巻市在住のメディアディレクター嶋脇佑さんと茨城県つくば市のジェフリー・ジョーサンさんが主体となり運営する有志団体「Ishinomaki Film(イシノマキフィルム)。(石巻経済新聞)

 ドキュメンタリー映画制作のプロを講師に招く同講座。嶋脇さんとジョーサンさんが、石巻に映画製作を学べる場を作ろうと2年間あたためていた構想を実現した。

 ジョーサンさんは東日本震災後、復興支援や映像制作をきっかけに石巻に足を運ぶようになり、嶋脇さんと出会った。

 同講座では、撮影機材の使い方をはじめ、撮影、編集表現、取材で相手の心を引き出す方法などを指導する。 

 映画製作スクールは、7月の毎週末と5週目の1週間、全14回。開講時間は10時~18時。受講料は、一般=9万8,000円、学生無料。定員12人。

 映画製作スクール生徒の作品は7月29日、プレナミヤギホールで上映を行う。

 講師による一般の方を対象とした特別講座は7月7日~21日の間、全3回開講する。開講時間は19時~22時。受講料は一講座=500円。
 
 ジョーサンさんは「アイディアはみんな持っているが、映像として制作することは難しい。形にするヒントになれば」と話す。

 嶋脇さんは「時間とともに過去に置いてきてしまっている感情がいっぱいある。受け手に回らず、参加し、表現しにくかった感情を解放してほしい」と話す。

 受講申し込みは、イシノマキフィルムホームページ参加フォーム(TEL 090-7079-3703/Mail info@ishinomaki-film.com)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク