ここから本文です

全国の鈴木さんに朗報 鈴木さんの鈴木さんによる鈴木さんのための日本酒「鈴木」が登場

6/4(日) 8:10配信

ねとらぼ

 鈴木さんが造って鈴木さんがラベルを書いた日本酒「鈴木」が、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」に登場しました。

【画像】日本酒「鈴木」を作った鈴木さん

 日本酒「鈴木」を造ったのは埼玉県久喜市の寒梅酒造で杜氏を務める醸造家・鈴木隆広さん(33歳)。

 理想の日本酒を目指し、人生で初めて「生もと造り(乳酸菌の生み出す自然な乳酸の力で醸造する昔ながらの製法)」に挑戦。普段は大吟醸酒を造る時にしか使わないという「麹蓋(こうじぶた)」を使用し、一般の物流では出回りにくい「生酒」の状態で届けます。

 ブランド名は自らにプレッシャーをかける意味で「鈴木」と命名。書道家の鈴木猛利さんがラベルを書き、中身もラベルも「鈴木さん」が手掛ける日本酒が完成しました。

 プロジェクトを行っているのは日本酒飲み放題店などを展開するKURAND(クランド)。

 リターンは、日本酒「鈴木」にオリジナルグッズが付くコース(3000円)や、リリース記念イベントに参加できるコース(6500円)など6種類。「鈴木さん限定コース」以外は、姓が鈴木さんでなくても申し込めます。

 このプロジェクトは、支援を申し込んだ時点で成立する方式。リターンの配送予定は7月中旬となっています。

最終更新:6/4(日) 8:10
ねとらぼ