ここから本文です

タミヤ、ロボ工作講座 教材作成、18年春から全国展開

6/4(日) 8:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 模型メーカーのタミヤ(静岡市駿河区)は2018年4月をめどに、プログラミングやロボット工作体験を通して子どもの論理的思考力を養う「タミヤロボットスクール」を、福井市の企業と共同で全国展開する。同社が今夏発売する新製品などを活用し、学習カリキュラムを学習塾などに導入する。

 カリキュラムは二つのコースがある。「プログラミングコース」では、同社が今年5月の静岡ホビーショーで発表した「カムプログラムロボット工作セット」を応用した教材を使用する。ロボットに搭載したマイコンにプログラミングすることで、スピード調節やアームの操作など、より複雑な制御が可能になる。

 「メカニックコース」では、ロボットの組み立てをしながら競技を行い、受講生自身が課題を見つけて改良に取り組む。

 同社によると、近年の教育現場で求められるプログラミング能力や創造性、論理的思考力などの養成につながるという。ものづくりの楽しさを学ぶ場の提供を通じたファン層の拡大にも期待する。担当者は、工作教材を今後さらに発展させ、「プラモデル、ラジコン、ミニ四駆と並ぶ4本目の柱にしたい」と意気込む。

静岡新聞社