ここから本文です

【UFC】ホロウェイがアルドにTKO勝ちで王座統一

6/4(日) 13:54配信

イーファイト

「UFC 212」
2017年6月3日(土・現地時間)ブラジル・リオデジャネイロ・ジュネス・アリーナ

【フォト】セミの美女トップファイター対決を制したのはガデーリャ

▼メインイベント フェザー級タイトルマッチ 5分5R
〇マックス・ホロウェイ(アメリカ/UFCフェザー級暫定王者)
TKO 3R 4分13秒 ※パウンド→レフェリーストップ
●ジョゼ・アルド(ブラジル/UFCフェザー級王者)

 1R、回り込むホロウェイとどっしり構えるアルド。お互いにパンチを繰り出す中、アルドの左フックが強烈にヒット。一気にラッシュして連続ヒットさせたアルドだが、深追いはしなかった。ホロウェイも体勢を立て直してジャブ&右ストレートを放つ。何度か打ち合いはあったがお互いにクリーンヒットはなし。

 2Rもお互いに強打を放つがクリーンヒットはない。両者ともに飛び込むタイミング、またはカウンターを狙っているように見える。パンチが交錯するスリリングな展開が何度も見られるが決定打はない。両手を広げて“打ってこい”と挑発したホロウェイに、アルドはジャンピングバックスピンキックから左右フックを打つ。

 3R、ホロウェイのワンツー2連打でアルドがダウン。すかさずパウンドを打ち込むホロウェイに、必死にディフェンスするアルド。しかし、ホロウェイのパウンドが強烈に決まる。バックマウントを奪われ、一方的に殴られて動けなくなってしまうアルド。

 しばらく様子を見ていたレフェリーだが、アルドの動きが完全に止まってしまったため、ここでレフェリーストップ。ホロウェイが王座統一に成功し、晴れて正規王者となった。

最終更新:6/4(日) 13:54
イーファイト