ここから本文です

<けやき坂46>“欅坂”より先に初の大阪ワンマン タップダンスに拍手喝采

6/4(日) 18:57配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「欅坂46」の“アンダーグループ”「けやき坂46(ひらがなけやき)」が5月31日、「ひらがな全国ツアー2017」の大阪公演をZepp Namba(大阪市浪速区)で開催。欅坂46もまだ開催したことのない大阪での単独公演のチケットは完売。タップダンスのパフォーマンスやけやき坂46にとって初のオリジナル楽曲「ひらがなけやき」も披露し、会場に詰め掛けた観客を魅了した。

【写真特集】けやき坂46メンバーが可愛すぎる! ライブ風景ずらり

 今回のツアーでは各公演ごとに課題が出され、次の公演で披露する企画を行っており、2会場目となる大阪では、課題だったタップダンスを披露。メンバー12人が息の合ったタップダンスパフォーマンスを繰り広げ、拍手喝采を浴びた。

 その後、けやき坂46にとって初のオリジナル楽曲「ひらがなけやき」からライブ本編がスタート。4枚目のシングル収録曲「微笑みが悲しい」は関西出身の高瀬愛奈さん、東村芽依さんの2人が披露した。また、次回公演が7月6日にZepp Nagoya(名古屋市中村区)で開催され、全国4都市6会場でライブビューイングが行われることも発表された。

 本編最後は、けやき坂46のライブチューン「誰よりも高く跳べ!」を披露し、佐々木久美さんが「大阪最高!!」と絶叫。アンコールでは「W-KEYAKIZAKAの詩」を熱唱。終演後にはメンバーが来場したファンをロビーで見送った。

◇けやき坂46 Zepp Namba公演 セットリスト

M1:ひらがなけやき

M2:制服と太陽

M3:夕陽1/3

M4:割れたスマホ

M5:微笑みが悲しい

MC~チャレンジコーナー~

M6:手を繋いで帰ろうか

~DANCE TRACK~

M7:二人セゾン

M8:You Can’t Hurry Love 

M9:僕たちは付き合っている

M10:世界には愛しかない

M11:誰よりも高く跳べ!

EN:W-KEYAKIZAKAの詩

最終更新:6/4(日) 18:57
まんたんウェブ