ここから本文です

「宇宙の先輩です」満島ひかりが“黒柳徹子愛”明かす

6/4(日) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「私が(黒柳)徹子です、とやっていました」

 満島ひかり(31)がこう語った「第54回ギャラクシー賞」(NPO放送批評懇談会)の贈賞式が1日に行われた。タレントや番組を表彰する「テレビ部門」の「個人賞」を受賞した満島は着物姿で登壇。贈賞理由は「トットてれび」(NHK)と「カルテット」(TBS系)などが評価されたことだが、会場を笑わせたのは黒柳徹子を描いた「トットてれび」でのエピソードだった。

「黒柳徹子さんは日本中の誰もが知っている国民的な大スターなので、その方を目の前にして人生を全部やるとなると、やっぱりどんなにやってもたどり着けない感じがして大変でしたけれど、でも、“スタッフを脅かしてやろうよ”と思ってやってました」

 そのために「モノマネをしない」で「私が徹子だ」と意を決して演じたという。会場には黒柳のビデオメッセージも届けられ、「今度またおいしいものでも食べていろんなお話をしましょう」と言われると、満島からはこんなコメントが……。

「2人で一度ご飯を食べにいったんですけど、その時は手を握り合って5分くらいただ見つめ合っていて、色っぽい時間がありました。今日も帯の中に徹子さんからの手紙をお守り代わりに入れてきました。よくお手紙をもらうんです」

 さらに司会者に「新しくできたお母さんみたいな(存在)?」と聞かれると、「いや、宇宙の先輩、宇宙人ですよね」と笑い、最後に「徹子さんの年になるまで頑張りたい」と語った。個性派・満島のユニークな贈賞式だった。