ここから本文です

WWDC 2017での発表が期待される「Siriスピーカー」とはどんな製品?

6/4(日) 6:25配信

ITmedia PC USER

 いよいよAppleの世界開発者会議「WWDC 2017」が始まりますね(基調講演は日本時間の6月6日午前2時から公式サイトでストリーミングされます)。

【先行する競合製品(Amazon Echo/Google Home)】

 例年WWDCでお披露目されるのは基本的にiOSやmacOSなどソフトウェアのアップデートですが、今年は春に新製品発表イベントがなかったぶん、「iPad」や「MacBook」など、久しぶりにハードウェアの発表も期待できそうです。

 中でも個人的に注目するのは「Amazon Echo」や「Google Home」、「Essential Home」のような「Siri」搭載のスマートスピーカーが発表されるかどうか。

 取りあえず、ここでは「Siriスピーカー」と呼ぶことにします。Appleということで「iHome」とか「iSpeaker」とか「i」が付く名前になるかもしれませんが、少なくとも今書いた2つは既に他の会社の製品で使われています。それに、「Apple Watch」や「AirPods」のように、最近のApple製品はあまり「i」にこだわっていません。

 このうさわの信ぴょう性が気になるところですが、複数の海外メディアがSiriスピーカーの登場を予想しています。例えば、予想的中率の高い米Bloombergのマーク・グルマンさんが「WWDCで発表される可能性が高い」と言っているので、期待していいと思います。

 仮に2017年内の発売だとして、発売時にSiriスピーカーで使えるサードパーティー製品(ソフトもハードも)をそろえておくには、WWDCで発表するのが順当です。

 というわけで、Siriスピーカーがどんなハードウェアになるのか、いろんな予測を集めてみました。

●カタチは?

 ソニー・ディクソンさんによると、ずんぐりした円柱で、スピーカーらしく表面にメッシュが付いているそうです。天面は「ゴミ箱」という不名誉なあだ名の付いている「Mac Pro」のように、ちょっとくぼんでいるとも言われています。

 Essential Homeのようにディスプレイ内蔵のうわさもありましたが、少なくとも初代は簡単な操作パネルだけになりそうです。

●プロセッサとかOSは?

 もしかしたら、WWDCで発表されるとうわさのAIプロセッサ「Apple Neural Engine」が搭載されるかもしれません。このプロセッサは顔認識や音声認識の機能をサポートするそうなので、Siriスピーカー必携でしょう。

 Google Homeは音声で家族を“聞き分け”て個人を特定しますが、Siriスピーカーは顔認識で“見分ける”といううわさです。顔認識するとしたら、カメラが搭載されているということにもなりますね。

 それと、AirPodsでも使っている純正Bluetoothチップ「W1」も入るでしょう。プライバシーを重視するAppleは、個人のスケジュールの問い合わせなどに対する答えを、その人が持っているiPhoneと接続して持ってくるとみられています。それならW1でサクッとペアリングする機能がほしいところです。

 OSは、iOSのバリエーションになるとか。Siriでコミュニケートするので、それが自然でしょう。AirPlayもサポートするので、Google HomeがChromecastの機能を使えるように、音楽や映像をテレビへキャストできそうです。

 また、せっかくのスピーカーですから、傘下のBeatsの技術も採用するとみられます。音質という点では、GoogleやAmazonよりかなり上を行けそうです。ウーファー×1、ツイーター×7で、バーチャルサラウンドサウンドだという話もあります。

 さらに、室内の音響を調べるセンサーが付いていて、それに合わせて音量を調節する機能もあるとか。

●できることは?

 上記のように、Siriスピーカーはスピーカーとしての性能がかなりよさそうです。聴くのはもちろん「Apple Music」の音楽やPodcastですね。例えば「Hey Siri、音楽を流して」と言うと、顔認識で命令した人が誰かを検知して、その人のアカウントのApple Musicの音楽を流すことでしょう。

 Appleは2016年1月に「顔の表情から感情を解析する技術」を持つEmotientを買収しているので、話しかけてきた人の表情を“見て”、気分に合った音楽を選んでくれるかもしれません。

 家電操作もスマートスピーカーの仕事です。Appleの場合は当然「HomeKit」エコシステムの家電を操作します。「Hey Siri、照明を暗くして」とか。

 AppleはSiriスピーカーとソフトウェアやハードウェアを連係させるためのSDKをリリースするとみられているので、そうすればAmazon EchoやGoogle Home同様にできること(=タスク)がどんどん増えるでしょう。

●価格は?

 Amazon Echoは179.99ドル、Google Homeは129ドルです。いつもハイエンドを狙うAppleのことですから、180ドル以上(つまり2万円以上)になるのは確実でしょう。

 AppleがSiriスピーカーのようなものを開発中であることはほぼ確実です。そうしなければApple MusicやHomeKitが脅かされてしまうので、やらざるを得ないでしょう。

 WWDCではもしかしたら発表されないかもしれませんが、こうやっていろいろ想像して楽しむのもWWDCの醍醐味(だいごみ)です。

最終更新:6/4(日) 6:25
ITmedia PC USER