ここから本文です

ジダン監督、史上初のCL連覇 18カ月で5冠に「そう言われても信じなかっただろう」

6/4(日) 13:45配信

ISM

 現地時間3日に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝で、ユヴェントス(イタリア)を4対1で下し、大会史上初(チャンピオンズカップ時代を除く)の連覇を達成したレアル・マドリー(スペイン)。ジネディーヌ・ジダン監督は就任から18カ月で、5つ目のタイトルをもたらした。

 2016年1月にラファエル・ベニテス前監督の後任として、Bチームの指揮官から昇格する形でトップチームを任されたジダン監督。昨季はシーズン途中の就任ながら混乱に陥っていたチームを立て直し、CL制覇に導いた。

 シーズン開始から指揮をとる今季は、欧州スーパーカップ、クラブW杯に加え、レアルにとって5年ぶりのリーガ・エスパニョーラ制覇も達成。さらに、同チームを通算12度目の欧州制覇に導き、過去にどのチームもなしえなかったCLのタイトル防衛にも成功した。

 ジダン監督は試合後、「監督としてこれらすべてのタイトルを手にすると言われたとしても、私は信じなかっただろう。幸せだ。心から満足している」と喜びをあらわにした。
 また、「今はこの瞬間を楽しまなければ。それから少し休養し、来シーズンのことを考え始めるよ」と述べている。(STATS-AP)

最終更新:6/4(日) 13:47
ISM