ここから本文です

【広島】来日初打席で代打2ラン「ミナサン バティスタデス」

6/4(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 広島6―5ロッテ(3日・マツダスタジアム)

 デビュー戦で衝撃の一発をぶち込んだ。広島は、1点を追う6回無死二塁、代打で来日初打席に立ったバティスタがバックスクリーン右へ逆転2ランを打ち込んだ。初球は見逃し、2、3球目は低めのボール球を見送り、そして4球目。高めの速球を真芯で捉えた。育成からこの日に支配下登録され即昇格。初打席本塁打は球団5人目だが、外国人選手の代打初打席アーチはプロ野球史上初めてだ。

【写真】バティスタの豪快なバッティングフォーム

 お立ち台で「ミナサン バティスタデス ヨロシクオネガイシマス」と初々しく日本語であいさつ。「うれしい。チームが勝てて良かった」。一振りで連敗を止め、白い歯をこぼした。

 カープアカデミー出身、来日3年目。昨年3月に育成契約を結び、急成長した今季は2軍でいずれもトップの打率3割6分3厘、14本塁打、38打点と打ちまくっていた。「有名になりたいんだ」とジャパニーズ・ドリームを夢見る男の憧れは、ヤクルトのバレンティン。緒方監督も「衝撃的なデビューをしてくれたね」と目を細めた。来週はDH制がある敵地で6連戦。「15~20本を目指したい」というバティスタが、スタメンデビューを飾る可能性も十分だ。(角野 敬介)

 ◆サビエル・バティスタ(Xavier Batista)1992年1月18日、ドミニカ共和国生まれ。25歳。カブスのマイナーで5年間プレーしたが芽が出ず、カープアカデミー入り。2015年秋に練習生として来日。今月2日に球団と支配下契約を交わした。189センチ、115キロ。右投右打。年俸521万円プラス出来高。独身。

最終更新:6/4(日) 11:16
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 18:50