ここから本文です

【UFC】桜庭和志が日本人初の殿堂入り パイオニア部門で

6/4(日) 17:09配信

東スポWeb

【ブラジル・リオデジャネイロ3日(日本時間4日)発】総合格闘技「UFC212」が開催され、“IQレスラー”こと桜庭和志(47)が日本人で初めてUFC殿堂入りすることが発表された。同殿堂はパイオニア部門、現役選手部門、貢献者部門、試合部門の4つがあり、桜庭は2017年度パイオニア部門での受賞となった。

 桜庭は1997年12月21日の「UFC JAPAN」(横浜アリーナ)に出場。マーカス・コナンと対戦して1試合目は誤審のためノーコンテスト。トーナメント決勝戦として行われた再試合で一本勝ちを決め、日本人初のトーナメント王者となっている。

 表彰式は7月6日(日本時間7月7日)、米・ラスベガスで行われる。

最終更新:6/4(日) 18:23
東スポWeb