ここから本文です

松本人志「今後こういうことがあったら番組降りる」 フジ「ワイドナショー」、宮崎駿引退宣言の誤報に再度謝罪

6/4(日) 11:48配信

ねとらぼ

 5月28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」内で紹介されていた、宮崎駿監督の「引退宣言集」に誤りがあったとして、同番組は6月4日、番組冒頭であらためて謝罪しました。松本人志さんはこれを受けて、今度また同じようなことがあれば「もう僕はワイドナショーを降りようと思ってるんです」とコメント。突然の“降板宣言”に、一時スタジオがざわつく一幕もありました。

【画像:番組サイトに掲載されていた謝罪文】

 同番組は28日の放送内で、「人生で最高に引退したい気分」など、宮崎監督の過去の「引退宣言」についてフリップで紹介。しかし放送後、フリップの内容が、2013年にTwitterに投稿されていたネタツイートと酷似しているとの指摘が相次ぎました。その後番組は公式サイト上で、「実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました」として謝罪していました。

 松本さんはこの謝罪を受け、「今度もしこういうことがあったときは、もう僕はワイドナショーを降りようと思ってるんです」と宣言。コメンテーターは本来、与えられた情報について話すしかなく、「正直言うと『知らんがなですよ』」と松本さん。しかし、だからといって「こういうことがあったときに、スタッフの責任に丸投げするのは僕はやっぱり嫌」「別に責任をとるという意味じゃないですよ。そんな格好のいいものじゃなくて、それぐらい失敗のないように緊張感をもって、ニュースを扱うというのはそういうことなんだ、っていうことをやっぱりやらないといけない」と、降板宣言の真意を語りました。

 松本さんから「降りる」という言葉が飛び出すと、出演者からは「ええっ」「そこまで……?」と驚く声も。しかし、司会の東野幸治さんが「ちょっと待ってください、ボケなのかマジなのか」と確認すると、松本さんは「これマジですマジです(笑)」と、笑いながらも、本気であることを強調していました。


●松本さんの発言書き起こし

(番組冒頭の謝罪を受けて)

松本:こういうことがあった時に、アレですよね、なんかこう、スタッフの責任に丸投げするの僕はやっぱり嫌なんですよ。

 いや、ホントにあの、正直言うと「知らんがな」ですよ。だってわれわれは与えられた情報をしゃべるしかないので。本番中も事前にあのフリップを見たわけでもないし、そこまで詳しいわけではないから、ああ言われるとそれを信じてしゃべるしかもうないんですよ。

 で、これをもしやめるならば、もっと東野(幸治)もオレも何時間も前にスタジオに入って、ニュースを全部決めて、文言も全部確認して、裏取りもして、ってやらないといけない。そんなことできるわけないし、われわれの仕事ではそれはないので。

 ……なんですけど、だからといってわれわれは「知らんわ」というのは僕はなんとなくその、嫌いなんで。どうしようかなと思ったんですけど、今度もしこういうことがあった時は、もう僕はワイドナショーを降りようと思ってるんです。

出演者:(「ええっ」「そこまで……?」とざわつく)

東野:ちょっと待ってください、ボケなのかマジなのか。

松本:これマジですマジです(笑)。だってなんかもう嫌じゃないですか。別に責任をとるという意味じゃないですよ。そんな格好のいいものじゃなくて、それぐらい失敗のないように緊張感をもって、ニュースを扱うというのはそういうことなんだ、っていうことをやっぱりやらないといけないなっていうことなんで。今後こういうことがあったときは、降りる。降ります。僕はそれくらいで、みんなの緊張感が高まればいいかなと思いますし。

最終更新:6/4(日) 13:06
ねとらぼ