ここから本文です

C・ロナウドが5シーズン連続でCL得点王に輝く…3回の決勝で得点した史上初の選手に

6/4(日) 6:02配信

GOAL

3日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーはユヴェントスを4−1で下して通算12回目の同大会制覇を果たした。この試合で2得点を記録したFWクリスティアーノ・ロナウドは、決勝という舞台で3度にわたって得点を記録した初の選手となった。

C・ロナウドはこのユヴェントス戦dえ、キャリア初となるCL決勝での2得点を記録。同大会の決勝で得点を記録したのは、2007−08シーズンにマンチェスター・ユナイテッドの選手として臨んだチェルシー戦、2013−14シーズンのアトレティコ・マドリー戦に続き3回目だ。チャンピオンズカップ時代には元レアル・マドリーの故アルフレッド・ディ・ステファノが5回の決勝で得点を決めていたが、CLとなってから3回の決勝で得点したのはC・ロナウドが史上初となる。

C・ロナウドはまた、今季のCL得点数を12に伸ばして、バルセロナFWリオネル・メッシを1得点上回り得点王に輝いた。CL得点王となるのは5シーズン連続で通算では6回目となる。

GOAL

最終更新:6/4(日) 6:02
GOAL

スポーツナビ サッカー情報