ここから本文です

セビージャ、ベリッソ招へいが難しく…同監督代理人が「両者の姿勢はかけ離れている」

6/4(日) 23:22配信

GOAL

エドゥアルド・ベリッソ監督の招へいを目指していたセビージャだが、どうやら交渉が難航しているようだ。

セビージャはアルゼンチン代表指揮官に就任することになったホルヘ・サンパオリ監督の後任として、今季限りでセルタとの契約が切れるベリッソ監督の招へいを目指し、ここまで交渉を続けてきた。しかしベリッソ監督の代理人ラウレアーノ・モリージョ氏は、スペイン『EFE通信』に対して交渉が難航していることを明かしている。

「両者の姿勢はかけ離れている。双方ともに歩み寄る考えはある。が、誠実に言わせてもらって合意には程遠い状況だ。我々は違う選択肢も考慮に入れているよ」

セビージャは早い段階で後任監督を決定し、選手補強に着手することを目指していたが、いきなり壁にぶつかった模様だ。

GOAL

最終更新:6/4(日) 23:22
GOAL