ここから本文です

早実・清宮、4打数無安打…高校通算100号は第2試合にお預け

6/4(日) 11:37配信

スポーツ報知

◆愛知県高野連招待試合 ▽第1試合 早実8―4至学館(4日・小牧)

 高校通算100号に王手をかけている早実(東京)・清宮幸太郎内野手(3年)が、愛知県高野連招待試合の至学館戦に「3番・一塁」で出場した。

 初回2死の第1打席は四球。今春のセンバツに出場した至学館の一塁側スタンドから、「GO! GO! 100号」とDeNA・筒香のテーマに乗せて、友情応援を受けた。1―2の3回1死三塁で一ゴロ。同点の5回1死二、三塁では左邪飛だった。

 2点リードで迎えた7回先頭の第4打席では、先発して6回2死で一塁に移っていた変則左腕が再登板。清宮は二ゴロに打ち取られたが、一塁手が送球を捕り損ねた。直後に再び一塁からマウンドに上がった右腕に対し、4番・野村大樹捕手(2年)が高校通算35号の左越え2ランを放った。

 清宮は6―2の8回2死一塁では、右腕の前に空振り三振に倒れた。4打数無安打1四球で、100号は第2試合の享栄戦にお預けとなった。

最終更新:6/4(日) 11:37
スポーツ報知