ここから本文です

上戸彩、KinKi堂本剛からの出産祝いは自作の絵だった 「すごいかわいいの」

6/4(日) 16:31配信

デイリースポーツ

 女優の上戸彩(31)が4日、フジテレビ系「KinKi Kidsのブンブブーン!」に出演し、堂本剛から出産祝いに自作の絵を贈られたことを明かした。

【写真】上戸彩、朝はトイレと歯磨き、どちらが先?

 2012年9月ににEXILEのHIROと結婚した上戸は、2015年8月に第1子となる長女を出産。産休、育休を経て主演映画「昼顔」(6月10日公開)で仕事復帰した。

 上戸と7年ぶりの共演となったというKinKiの2人が「ごぶさた。7年ぶり?そんなに。その間にお母さんにもなられて」と旧交を温めると、上戸は「ベイビーちゃんの時に絵を描いてくださって。赤ちゃん、生まれた時にすごいかわいいのを描いてもらって。ありがとうございました」と直接、剛にお礼を述べた。

 上戸は最近の育児事情も明かし、「最近はすごく運動不足なんですよ。筋肉がなくなって。トレーニングしていないから」と告白。

 さらに「家に帰って子どもがご飯を食べた後のタイミングだと、ちょうだいちょうだいになってしまうので、子どもがいるときは隠れておにぎりとか食べる」という苦労話も披露した。

 今回の復帰については、「1年間は育児に専念させてくださいと約束して、1年経ったタイミングで今回の『昼顔』の映画化の話をいただいた。私もいろいろ不安だったんですけど、子どもを見てくれる母親だったり、叔母が、(作品を)見たいからやってと背中を押してくれた」と振り返った。

 平日昼間に夫以外の男性と恋に落ちる主婦を描いた「昼顔」への出演に関しても、母親となったことで心境の変化もあったといい、「結婚したばかりの時にはこんな世界があるの?という感じで本も読んでいましたが、今はひとごとにはならないですよね」としながら、「みんなで見てくださいと言える映画ではないので、映画館で一人デビューしてほしい。こっそり見に行ってみて」と作品をPRしていた。