ここから本文です

今野が73日ぶり実戦復帰…G大阪、今季初3失点で7試合ぶり黒星

6/4(日) 16:59配信

デイリースポーツ

 「明治安田生命J1、磐田3-0G大阪」(4日、ヤマハスタジアム)

 磐田がG大阪を下し、4月22日の鹿島戦以来6試合ぶりの勝利を挙げた。MF中村俊輔(38)が先発出場し、史上48人目のJ1通算350試合出場を達成。前半31分にはFW川又堅碁(27)が自陣から縦に蹴り出したボールを、MFアダイウトン(26)がG大阪の日本代表DF三浦弦太(22)との競り合いを制して抜け出し、落ち着いてゴールへ流し込んだ。

 続く前半40分、中村のFKをアダイウトンが頭で折り返し、川又が追加点を押し込んだ。後半10分にはG大阪DFファビオ(28)のクリアボールを体に当てて奪った川又が、そのまま右隅に流し込み、ホームの磐田が大量3点を奪った。

 G大阪はリーグ戦では今季初の3失点で、4月7日の広島戦以来7試合ぶりの敗戦を喫した。後半15分に3月23日のW杯アジア最終予選で左足小指を骨折し、戦列を離れていた日本代表MF今野泰幸(34)が途中出場したが、73日ぶりの実戦復帰を飾ることはできなかった。