ここから本文です

飯塚翔太、100メートルで10秒10!自己ベスト0秒12更新し世陸参加標準突破

6/4(日) 13:21配信

スポーツ報知

◆陸上 布勢スプリント(4日、鳥取、コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場)

 男子100メートルの第1レースで、16年リオ五輪男子400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(25)=ミズノ=が追い風1・7メートルの条件下で10秒10をマークし、8月のロンドン世界陸上参加標準(10秒12)を突破した。自己ベストを一気に0秒12も更新する好タイム。「びっくりですね~…。どれくらいタイムが出るか分からなくて、まさか(標準を)切るとは。うれしいですね!」と目を白黒させた。

 本職の200メートルでのスピード向上に生かすため今大会に参戦。日本選手権(23~25日)を見据えた調整の一環だったはずが“和製ボルト”は驚きの標準突破をやってのけた。午後3時からの第2レースでは、ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=と直接対決。「良いメンバーでもこの記録を出せればいい。もう1本頑張ります」と気合を入れていた。

最終更新:6/4(日) 14:24
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ