ここから本文です

【東京新馬戦】ステルヴィオ好時計で完勝!新種牡馬ロードカナロア産駒が早くもJRA初勝利

6/4(日) 14:12配信

スポーツ報知

 4日の東京5R・新馬(芝1600メートル、16頭立て)は、2番人気のステルヴィオ(牡2歳、美浦・木村哲也厩舎)が直線で力強く抜け出して初勝利を飾った。今年から産駒デビューとなった新種牡馬の父ロードカナロアに初白星を贈った。勝ち時計は1分34秒8。

 国内外でG1・6勝を挙げた名スプリンターを父に持ち、注目を集めたレースは好スタートを決めて、道中は好位を進んだ。直線では残り200メートル付近でエンジンがかかり、上がり最速34秒2の末脚で快勝。セレクトセールで1億2500万円の値を付けた評判馬・サトノオンリーワンも内から伸びてきたが、最後は突き放す強さを見せた。

 手綱を執ったルメール騎手は「走りそうな馬。とても乗りやすい。いいスタートで楽に3番手になりました。反応はとても良かったです。距離はもうちょっと長くなってもいいかな。1、2回、ムチを入れたら、とてもいい反応でした」と、素質の高さに笑顔。木村調教師は「能力は高いと思う。上手に走っていたけど、まだまだ」と、さらなる伸びしろを期待。現時点で次走は未定で、今後は放牧に出される方向だ。

最終更新:6/4(日) 14:12
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ