ここから本文です

DeNA・戸柱連敗止める一打!千賀の直球撃ち「いい投手に2つの球種は張れない」

6/4(日) 18:37配信

デイリースポーツ

 「交流戦、DeNA5-3ソフトバンク」(4日、横浜スタジアム)

 DeNA・戸柱恭孝捕手(27)が、連敗を止める値千金の一打を見せた。「あの場面は必死に食らいついていった」。1点を追う六回2死満塁。ソフトバンク先発・千賀に対し、カウント1-2と追い込まれながら、7球目の直球を中前へとはじき返した。

 2人の走者を迎え入れる逆転の2点適時打。「いい投手から、みんなが作ったチャンス。いい結果がでて良かったです」と喜んだ。

 「いい投手に対して2つの球種は張れない」と直球に狙いを絞った上で、4球目にフォークボールをファウルにしたことが勝負を分ける。「『このタイミングならば当たる』と気持ちが楽になった。より直球一本に絞れた」と決勝打を生んだ。

 打率・219ながら、ラミレス監督は「戸柱はチャンスで勝負強い打撃をする」とポイントゲッターの6番で起用。八回にも右前適時打を放ち得点圏打率を・366とし、指揮官の期待にも応えた。

 チームの4連敗を終えるとともに、15年から続いたソフトバンク戦の連敗も7で止めた。「去年の交流戦でマスクをかぶらせてもらいながら勝てなかった。悔しい思いをした」というハマの司令塔が見せた、強敵への意地の一撃でもあった。