ここから本文です

錦織、順延試合制し4回戦進出 韓国の新鋭をフルセットの末に振り切る

6/4(日) 19:10配信

デイリースポーツ

 「テニス・全仏オープン」(4日、パリ)

 世界ランキング9位の第8シード、錦織圭(27)=日清食品=が男子シングルス3回戦に登場。前日、第4セット第3ゲームを終えたところで降雨のため中断した韓国の新鋭、世界ランク67位の鄭現(21)との試合を再開し、フルセットの末(7-5、6-4、6-7、0-6、6-4)に競り勝った。

【写真】ラケットを破壊する錦織圭

 前日は2セットを先取したが、第3セットをタイブレークの末に落とした錦織。セットカウント2-1とリードしているものの、第4セット序盤は完全に鄭のペースとなり、ゲームカウント0-3と一方的にリードを許した。思うに任せない試合展開にフラストレーションがたまったのか、第3ゲーム終了直後にはラケットをコートにたたき付けて破壊。しかし、この直後に雨が降り出して試合は中断、順延となった。

 一夜明けても悪い流れは変わらず、再開した第4セットは0-6で落とし、最終セットに突入した。

 最終セット第4ゲームをブレイクして優位に立った錦織は、粘る鄭を振り切った。4回戦ではフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。