ここから本文です

桜庭和志、UFC殿堂入り!「日本の総合格闘技関係者に捧げたい」

6/4(日) 15:24配信

スポーツ報知

 格闘技イベント「PRIDE」などで活躍し「RIZIN」にも参戦した“IQレスラー”桜庭和志(47)が、パイオニア部門でUFC殿堂入りしたことが4日、分かった。

 UFCが現地時間3日(日本時間4日)に、ホームページで発表。殿堂入りを受け桜庭は、「最初に殿堂入りのニュースを聞いた時は驚きました。20年前にオクタゴンで戦った時は自分が他の伝説的な総合格闘家と肩を並べ、UFCの殿堂入りをするとは夢にも思っていませんでした。自分は最高の格闘家を目指すだけでなく、総合格闘技が持つ興奮、そして素晴らしさを世界に伝えたいと思い、ここまで戦ってきました。この殿堂入りはPRIDE時代から総合格闘技を新たなスポーツへと押し上げてくれた日本の総合格闘技関係者に捧げたいと思います」とコメントしている。

 2017年UFC殿堂入りの式典は現地時間7月6日(木)に米国・ラスベガスにあるパーク・シアターにて開催される。

 桜庭のUFC出場は1997年12月21日に横浜で開催された「UFC JAPAN」のみで、マーカス・コナンと対戦。1試合目はノーコンテストになったものの、2戦目で勝利を収めた。この1勝がUFCにおいて日本人として初めて勝利となっている。

最終更新:6/4(日) 16:08
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ