ここから本文です

柏8連勝!GK中村完封 浦和・興梠のPKミス誘った緻密な駆け引き

6/5(月) 0:28配信

デイリースポーツ

 「明治安田生命J1、柏1-0浦和」(4日、日立柏サッカー場)

 7連勝で暫定ながら首位に立つ柏は、ホームで浦和と対戦して1-0で勝利した。前半のロスタイムに身長155センチのMF中川がヘディングシュートでネットを揺らすと、この1点を日本代表にも選出されたGK中村を中心に最後まで守り切った。

 中村がゴール前に仁王立ちした。最初の見せ場は前半37分。浦和DF森脇がエリア外から放った強烈な左ボレーを、両手で確実にはじくと、後半14、28分には至近距離からのシュートも、俊敏な反応で防いだ。

 最大のピンチだったのは後半4分のPK。相手FW興梠がシュートを枠外に外したことで助けられた形となったが、そこには緻密な駆け引きもあった。中村は「スカウティングもあったし、リオ五輪も一緒にやった。情報はあった。何とか止めようと最善を尽くした」とだけ話したが、GKの動きを見てからシュートを放つ興梠に対して、キックの瞬間に右足でダミーのステップを踏んで、相手を惑わした。

 試合後には、今回の代表メンバーからは落選した浦和GK西川から「頑張ってきてね」と背中もたたかれた。23歳の守護神は「結果だけを求めて戦っていきたい。結果につながれば」と話していた。