ここから本文です

大島、森薗ペア56年ぶり金メダルならず 中国ペアに好勝負も1-4

6/5(月) 0:35配信

デイリースポーツ

 「卓球・世界選手権」(4日、デュッセルドルフ)

 男子ダブルス決勝が開催され、日本勢として48年ぶりにファイナル進出を果たした世界ランキング1位の大島祐哉(23)=木下グループ、森薗政崇(22)=明大=は1-4(9-11、14-16、9-11、11-6、11-13)で樊振東、許キン組(中国)に敗れ、金メダル獲得はならなかった。

【写真】中国ペアと互角の打ち合いを演じる大島、森薗ペア

 勝てば1961年北京大会の星野展弥、木村興治ペア以来56年ぶりの世界選手権男子ダブルスでの金メダル獲得だったが、中国の壁はやはり厚かった。大島、森薗ペアがリードする場面は何度もあり、3ゲームを連取されて追い込まれた第4ゲームには後半に集中力を見せて11-6で奪った。

 続く第5ゲームもゲームポイントを先に迎えたが、最後は屈した。銀メダルに終わったが、中国勢と互角に打ち合い、次こそはと思わせる内容だった。