ここから本文です

向井理、祖母から夫への手記を7年かけ映画化「うれしいことだらけ」

6/4(日) 19:21配信

スポーツ報知

 俳優の向井理(35)が4日、都内で行われた映画「いつまた、君と~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~」(24日公開、深川栄洋監督)の試写会で舞台あいさつを行った。

 向井の祖母・朋子さんが夫への想いをつづった手記を、大学生当時の向井が親戚とともに自費出版して朋子さんに贈った経緯を映画化した。自ら企画し、7年の歳月をかけて完成させた作品について、向井は「自分は苦労してなくて、言い出しただけなんです。いろんな方が集まってくれて、見たい映画を実現させていただいた。うれしいことだらけでした。7年かけて良かったです」と感無量の表情を浮かべた。

最終更新:6/5(月) 19:35
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ