ここから本文です

【巨人】球団史上初の東京ドームで8連敗 後楽園時代含めても本拠地で最長連敗

6/4(日) 19:21配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人1―3オリックス(4日・東京ドーム)

 巨人が4日、オリックスに1―3で敗れて11年ぶりの10連敗となった。これで本拠地・東京Dでは1988年の開場以来、球団初の8連敗。これまで7連敗はあったが、前フランチャイズの後楽園球場時代を含めてもホームで8連敗した記録はなく、球団史上初の本拠地8連敗となった。

 東京Dでは、5月16日のヤクルト戦、先発菅野が8回1失点で5―1で勝利したのが最後の白星。それ以来、5月17日ヤクルト戦0―7、18日ヤクルト戦0―1、26日広島戦2―7、27日広島戦0―9、28日広島戦2―3、2日オリックス戦5―6、3日オリックス戦4―5、この日のオリックス戦が1―3。8連敗中、8試合で本塁打は3本と地の利を生かせない戦いが続いている。

 試合後、由伸監督は「流れが良くない。点を取っても取られたり、抑えても取れなかったり。そこがなかなかうまくいかない。何とか全員でいくしかない」と話し、村田ヘッドコーチは「悔しいとしか言いようがない。理想論は先発が長いイニングをとか思わず飛ばして、先に点をやらないように立ち上がりをしっかり抑えること。急に打てるようになるわけでもない。投手が最少失点に抑えて勝ちたい」と振り返った。

最終更新:6/4(日) 19:39
スポーツ報知