ここから本文です

【仙台】ルーキー永戸2戦連続アシスト!蹴られた首は「大丈夫」

6/4(日) 22:59配信

スポーツ報知

◆明治安田生命Jリーグ J1第14節 仙台3―0甲府(4日・ユアテックスタジアム仙台)

 ベガルタ仙台のルーキーDF永戸勝也(22)が、2試合連続アシストで今季初のホーム連勝に貢献した。

 前半30分、得意の左クロスでFW石原直樹(32)の先制ダイビングヘッドを呼び「良かったです。(石原が)本当にいいポジションに入ってくれる」と、感謝した。

 後半15分には自陣ゴール前の守備で、甲府のDF阿部翔平(33)に首を蹴られ、うずくまった。阿部は退場。心配されたが、永戸はプレーを続け、同26分にはクロスがこぼれ球となり、FWクリスラン(25)の2戦連発左足ゴールにつながった。

 この日はMF三田啓貴(26)が右ふくらはぎ打撲で欠場したため、代役キッカーも務めるなどフル回転。試合後、首の状態について「大丈夫です。痛みはないです」と話した。

最終更新:6/4(日) 23:23
スポーツ報知