ここから本文です

新生E―girlsは11人体制…7月発売新曲から

6/5(月) 5:03配信

スポーツ報知

 EXILE妹分の19人組E―girlsが、7月26日発売の新曲「Love☆Queen」から11人体制で新たに始動することが4日、発表された。Ami(29)がソロに専念するほか、Aya(29)は第一線を退き、クリエイティブ業に転身。グループを離れる8人がそれぞれの道を進むが、今回新たに発足するプロジェクト「E★G family」の一員として活動を展開していくという。

 もともとE―girlsは、EXILEらの芸能事務所「LDH」の女性グループ「Dream」「Happiness」「Flower」の“集合体”として11年に結成。メンバーは3グループとの兼任などで活動してきたが、今回さらに多様化することで、E―girlsを含めて「E★G―」として組織化された。

 19人体制は7月15、16日のさいたまスーパーアリーナのライブが最後。13年秋からE―girlsのリーダーを務めたAyaは、ちょうど30歳の誕生日がボーカル、パフォーマーの引退ステージ。「表舞台だけでない自分の可能性を信じて。これからはスタッフとしてE―girlsに一番近い存在であり続け、ディレクションやサポートなど全身全霊を注いでいきます」と第二の人生に思いをはせた。

最終更新:6/5(月) 12:07
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ