ここから本文です

【NBA】ウォリアーズ、K.トンプソンのスランプ気にせず 守備を評価

6/4(日) 16:42配信

ISM

 ゴールデンステイト・ウォリアーズの選手は、プレーオフに入ってから調子の上がらないクレイ・トンプソンについて、シュートを何本落とそうが心配していないとの考えを示した。

 ウォリアーズの“スプラッシュ・ブラザーズ”の1人であるトンプソンは、113対91でクリーブランド・キャバリアーズに圧勝した現地1日のNBAファイナル第1戦で、16本中3本のフィールドゴール(FG)成功と、シュートに苦戦。今プレーオフ1試合当たりのFG成功率は、36.6%まで落ち込んでいる。

 しかし、米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』によれば、トンプソンは、メインで守備についたキャブスの選手を、わずか12本中1本のFG成功に制限。この貢献が第1戦の勝利につながった。

 チームメイトは、トンプソンのオフェンスでの不調を問題視しておらず、むしろ守備での貢献を評価。ドレイモンド・グリーンは「最も重要なのは彼の守備なんだ」と、スコアだけがトンプソンの取り柄じゃないと強調。「このチームには得点を稼げる選手は十分にいる。1人がダメでも、ほかの選手がいる」と語った。(STATS-AP)

最終更新:6/4(日) 16:42
ISM