ここから本文です

【仙台】奥埜、代役ボランチで完封に貢献「後ろの選手ともしっかり連係」

6/4(日) 23:04配信

スポーツ報知

◆明治安田生命Jリーグ J1第14節 仙台3―0甲府(4日・ユアテックスタジアム仙台)

 ベガルタ仙台MF奥埜博亮(27)が、今季リーグ戦では初のボランチで先発し、無失点勝利に貢献した。

 今季開幕から13試合に先発フル出場してきた不動のボランチ、MF三田啓貴(26)が右ふくらはぎ打撲で欠場。ルヴァン杯で中盤の底を経験していた奥埜に白羽の矢が立った。

 試合では持ち前のボール奪取で存在感を発揮。こぼれ球も拾いまくり、流れを呼んだ。攻守の要として、「ゼロで抑えられたのはいいこと。後ろの選手とも、しっかり声を掛け合って連係をとれたのが良かった」と手応えを口にする一方、「攻撃でいいプレーができなかったのは反省」と、満足はしていなかった。

最終更新:6/4(日) 23:23
スポーツ報知