ここから本文です

【阪神】想定外ヒーロー岡崎、プロ初サヨナラ打!金本監督「まさか。ビックリですね」

6/5(月) 6:05配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 阪神4x―3日本ハム=延長11回=(4日・甲子園)

 岡崎が2日続けて“奇跡”を起こした。延長11回1死満塁。内角直球を振り切った打球は三塁線を破った。プロ初のサヨナラ打。ベンチ前で金本監督と抱き合い、2日連続のお立ち台で「誰も期待していなかったと思いますが、サヨナラやりました!」と絶叫した。

 前日は逆転の決勝2ラン。13年目でのプロ初本塁打は、野手ではプロ野球史上2位タイの遅咲き弾だった。帰宅すると、食卓には豪華な食事が用意されていた。「よそ行きの料理を作ってくれていて」。2軍暮らしが長かった岡崎。苦しい時期を支えてくれた妻は「ありがとう」と言って、静かに涙を流した。「僕もうれしかった」。3人の子どもが祖父母宅に泊まりに行っていたため、夫婦水入らずで祝杯を挙げた。

 そんな前夜の余韻も冷めやらないデーゲームで、途中出場でサヨナラ打。金本監督は前日「(活躍が)一日で終わってほしくない」と話していたが「次の日にまさか来るとは。ビックリですね」と“想定外”のヒーローによる今季2度目のサヨナラ勝ちに笑みがこぼれた。追い込まれてから7球ファウルで粘った後の13球目のサヨナラ打を「粘っているのか、前に飛ばなかったのか…。でも、最後に打ったというのは粘ったんでしょ」とジョークを交えて執念を称賛。33歳が“ラッキーボーイ”となって交流戦2カード連続で勝ち越した。(橋本 健吾)

最終更新:6/6(火) 4:35
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 11:45