ここから本文です

バイク愛好家魅力語る 楢葉で集い

6/4(日) 10:32配信

福島民報

 バイク愛好家が集う「キャンプミーティング」は3日、福島県楢葉町の天神岬スポーツ公園で開かれた。参加者はたき火を囲み、お酒を飲みながらバイクの魅力について語り合った。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故のため福島県楢葉町から福島県いわき市に避難しているバイク愛好家で会社員の渡辺哲さんが「全国のバイク愛好家に双葉郡の復興状況を見てほしい」と提案し、バイク雑誌「風まかせ」を発行する出版社クレタ(東京)が主催した。
 福島県内外から約100人が参加した。松本幸英町長があいさつ。渡辺さん、「風まかせ」の斎藤直人編集長、カメラマンの武田大祐さん、バイク好きの“カリスマ”として知られるライダーで冒険家の賀曽利隆さんがトークショーを繰り広げた。町の若者有志でつくる「ほっつぁれDEいいんかいっ?!」が楢葉名物「マミーすいとん」を振る舞った。
 4日は町内の津波被災地や除染廃棄物の仮置き場、帰還困難区域のゲートなどを回るツーリングを催す予定。

福島民報社

最終更新:6/4(日) 11:05
福島民報