ここから本文です

ねらいや内容は?持ち物は?お泊まり保育について知ろう!

6/4(日) 10:01配信

ベネッセ 教育情報サイト

お泊まり保育は幼稚園・保育園の一大行事ですよね。保護者のもとを離れて外泊する初めての機会であるお子さまも多いかと思います。お子さまにとっても保護者にとっても、楽しみな反面、不安なこともあるのではないでしょうか。
今回はお泊まり保育について知っておきたいことをまとめてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

お泊まり保育とは?概要をチェック

◆ねらい・目的
お泊まり保育には、幼稚園・保育園によってさまざまなねらいや目的があります。
一般的なねらいは以下のとおりです。

・保護者のもとを離れて過ごすことで自立心を育て、自信をもたせる。
・共同生活のなかで友だちや先生との仲間意識を深めたり、協調性を育てたりする。
・早寝早起き、きちんとした食事、あいさつなど、集団生活のなかで規則正しい生活を送る。

◆時期、日数
幼稚園・保育園いずれの場合も、在園最終年度(幼稚園でいう年長)の7月~8月に、1泊2日程度で行われるのが一般的です。

◆場所
お泊まり保育は、普段通っている園内で行う場合と、園外に出て近隣の合宿施設で行う場合があります。園外に出る場合はバスなどを使って移動します。

◆費用
お泊まり保育の費用は多くの場合、月々の保育料と別に実費で精算されます。費用はお泊まり保育の実施場所によってさまざまです。また幼稚園・保育園によっては積み立てる場合もあり、月々の積み立ての金額や積み立ての期間は園によって異なります。

何をするの?お泊まり保育の内容

お泊まり保育では、お子さまが楽しみながら学びを得られるさまざまなアクティビティが用意されています。以下でその一例をご紹介しましょう。

◆昼のアクティビティ
日中は水遊びやすいか割り、ゲームなどのアクティビティが行われます。園外でお泊まり保育を実施する場合はハイキングなどをすることもあります。

◆買い物体験
夕食を自分たちで作る準備として、近隣のスーパーマーケットなどで買い物体験をすることがあります。
お金の使い方を学べるだけでなく、広い店内で必要なものを探す力、お店の人など初めて出会う人とコミュニケーションをとる力などを身につけられるでしょう。

◆夕食調理実習
お泊まり保育の夕食は、お子さまたち自身で作るケースが多く見られます。メニューはカレーやフルーツポンチなどがメジャーです。
決められた工程をきちんとこなす力、うまくいくよう工夫をこらす力が養われます。また普段保護者にしてもらうことを体験することで、保護者への感謝の気持ちも芽生えるでしょう。

◆夜のアクティビティ
夜のアクティビティは、昼とはまた違った楽しみがありますよね。屋外で行われる夜のアクティビティでは、花火や星空観察が人気です。また園内のお泊まり保育の場合は夜の園庭探検や肝試し、園外のお泊まり保育では合宿施設周辺の散歩やキャンプファイヤーなどが行われることもあります。
また屋内では、先生たちの劇やペープサート(紙人形劇)などの出し物を見て楽しみます。

1/2ページ