ここから本文です

ゼロ戦復元機が展示飛行 レッドブル・エアレース千葉大会

6/4(日) 10:16配信

千葉日報オンライン

 3日開幕した「空のF1」と呼ばれる小型プロペラ機のレース「レッドブル・エアレース」千葉大会。レース後、千葉市美浜区の幕張海浜公園前の海上コースでは、旧日本海軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の復元機が展示飛行した。

 機体は1942年製で、70年代にパプアニューギニアで発見され、カナダ製のエンジンを搭載して修復した。飛行を企画した「零戦里帰りプロジェクト」の責任者唐木芳典さん(59)は「日本が誇る技術遺産であるゼロ戦の姿を後世に継承していきたい」と話した。