ここから本文です

運動会、親はぶるぶる…子は熱く 帯広の正午までの最高気温9・6度

6/4(日) 15:48配信

十勝毎日新聞 電子版

 十勝管内の小学校で4日、運動会が行われた。この日の帯広の正午までの最高気温は9・6度。肌寒さの中、児童らは寒さを吹き飛ばすかのように、元気いっぱいに競技に臨んだ。

 帯広柏小学校(大場渉校長、児童419人)では、午前8時40分から開会式が行われた。コースの途中に置かれたパネルのお題に合う人を借りてくる「レンタル救世主」(5年)やサイコロの出た目で帽子をかぶったり、スカートをはく「なにがでるかな?」(1年)といった運が関係した競技も。「大玉ころがし」(2年)、「タイヤ争奪戦」(5年)などの団体競技も接戦が繰り広げられ、観客席から声援が送られた。

 1年生は小学校で初めての運動会。児童の一人は「緊張するけど楽しい。お母さんとお父さんが応援してくれている」と笑顔を見せた。

 同校は午前と午後に分けて競技を実施する予定だったが、天候を考慮し全ての競技終了後に昼食を設けた。

 なお、天候不順のため3、4日の運動会を延期した小学校は、5日以降に実施する予定だ。(松田亜弓)

十勝毎日新聞