ここから本文です

再利用ドラゴン補給船搭載「ファルコン9」打ち上げ実施! ロケット第1段は着陸

6/4(日) 5:55配信

sorae.jp

スペースXは6月3日(現地時間)、「ファルコン9」ロケットをフロリダのケネディ宇宙センターから打ち上げました。またロケット1段目の着陸にも成功しています。
 
今回の「CRS-11」ミッションでは、ロケットには「ドラゴン補給船」が搭載されISS(国際宇宙ステーション)への物資補給を行います。このドラゴン補給船は、2014年に打ち上げられ一度地球に帰還し、再利用されたもの。また予定では、6月4日に補給船のISSへのドッキングが行われます。
 
そして6,000ポンド(約2.7t)の打ち上げ荷物の中には、ISSの外部に設置され中性子星の研究を行う観測機器の「NICER」、それに宇宙空間で巻物のように展開するソーラーパネル「ROSA(Roll Out Solar Array)」などが含まれます。
 
今回の打ち上げは、ケネディ宇宙センターのLC-39A発射場からの100回目となる、歴史的なもの。再利用可をさらにすすめ、コストダウンを試みるスペースXの宇宙開発の今後が楽しみです。

最終更新:6/4(日) 5:55
sorae.jp