ここから本文です

レアルの応援だけはしたくない!? スペイン紙がユーヴェのUCL制覇を全力で応援

6/4(日) 0:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

一面に大きく「フォルツァ、ユーヴェ!」の文字が……

3日にチャンピオンズリーグ(UCL)決勝が行われ、ユヴェントスとレアル・マドリードが「欧州No.1」の座をかけて激突する。世界中のサッカーファンが注目しており、2年ぶりに決勝の舞台へ立ったユヴェントスは悲願の欧州制覇を、4年で3度も決勝進出を果たしているレアルは史上初の連覇を目指す。

かつて世界一のリーグと言われたイタリアのセリエAだが、UEFAランキングで現在はスペイン、ドイツ、イングンランドに次ぐ4位。近年リーグが低迷しているという屈辱的なレッテルを貼られている。そのため、この一戦はイタリアにとっても重要で、復活の狼煙を上げるためにユヴェントスのライバルクラブの関係者やレジェンドなど、国を挙げて応援している。

しかし、スペイン国内は違うのかもしれない。スペイン紙『SPORT』が発行した一面には大きく「フォルツァ、ユーヴェ!(ユーヴェ頑張れ!)」の文字が。バルセロナに本社を置く同紙はやはり、どんな状況であろうと宿敵レアルの応援だけはしたくないのか、中央にユヴェントスのエンブレムを、そして人差し指を立てるジェンルイジ・ブッフォンと腰に手を当ててうつむくクリスティアーノ・ロナウドの写真を一緒に掲載した。

準決勝でレアルに敗れたアトレィコ・マドリードサポーターも、試合後にチャントでユヴェントスにエールを送るなど、一部のスペインの期待も背負ってユヴェントスはUCL決勝へ挑む。はたして、彼らはビッグイヤーを掲げることができるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

Yahoo!ニュースからのお知らせ