ここから本文です

【バレー】Vリーグ準加盟予定のヴォレアス北海道、セレクションを実施

6/4(日) 10:00配信

バレーボールマガジン

新戦力確保のためセレクション実施

本年7月のVリーグ準加盟が内定しており、2017/18シーズンV・チャレンジリーグIIに参戦予定のヴォレアス北海道が、6月3日、新戦力確保を目的として、北海道旭川市内の体育館でセレクションをおこなった。

全国大会優勝メンバー、元Vリーガーの姿も

このセレクションには総応募者26名のうち、一次選考を通過した14名が参加した。この14名の中には、アイ・ディー・エフ(ヴォレアス北海道の母体となるクラブチーム)として、第7回全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会で優勝した際のメンバーも多く含まれている。
セレクションでは、垂直跳び等の測定、アタック、パス、サーブ等基礎技術の審査、ゲーム形式による応用技術審査がおこなわれた。審査を経て合格となった選手については、別途面接がおこなわれ、条件等の交渉を経てチームへ加入となる。

チームのアウトラインを固め、初めてのシーズンに臨む

ヴォレアス北海道には現在3名の登録選手がいるが、今後セレクションでの選考選手に加え、別途交渉を進めている選手が複数おり、最終的に14名以上18名程度の選手を登録して2017/18シーズンに臨む予定である。チームの体制についてアウトラインが明らかになる時期は、正式に準加盟チームとなる7月前後が見込まれる。
そこからは、8月5日(土)に旭川市総合体育館での開催を予定しているプレシーズンマッチ、地元での各種イベントへの参加等を通じて、チームの存在をアピールしつつ、初めてのリーグへ向けての調整を加速させる。

出口季里