ここから本文です

手島優は“道ならぬ恋”を選びがち!? 好きなタイプは「自分の方が優位に立てる人」

6/4(日) 7:00配信

AbemaTIMES

 お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』にグラビアアイドルの手島優が出演。過去の恋愛について暴露した。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティ。31日放送回には、手島のほか、タレントのはるな愛、お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイが登場。番組の後半で、手島の恋愛運を占うこととなった。

 今年の8月で35歳の誕生日を迎えるものの、未だフリーだという手島は自分の人生について「お先真っ暗だ」と落胆気味。「よく当たる占い師に占ってもらいたい」と藤本にリクエストし、スタジオには大人気占い師・脇田尚揮先生が登場した。

 脇田先生はまず、手島の生年月日から恋愛運を占うことに。脇田先生によると、一昨年が当たり年だったという手島の恋愛運。しかし、去年の9月から今年の10月10日まで、運勢は落ち気味だという。これを聞いた手島は「4年くらい好きだった人にフラれた。片思いだったんですけど、恋心がバレたらドン引きされた」と、思い当たる節があると告白。

 その後、タロットで恋愛運を占うと、過去の運勢には「女教皇」のカードが。「このカードは無目的な状態で男性と知り合ってしまっていて、自分がどういう男性がタイプなのか分からなかったということを表しています」と脇田先生は解説。これに、手島は「あー当たってるかも~!」と納得。さらに、現在の運勢を占うカードとしては「節制」が出現し、「あきらめムード。混乱している。『恋愛するのは無理だ!』と自分が投げている感じ」と解説されると、思い当たる節があったのか、肩を落としていた。

 しかし、未来には「復活」のカードが出ており、これは脇田先生曰く「すごくいい」とのこと。「復縁。過去に自分が好きだったのにあきらめた人にトライするといい」と解説されると、藤本やはるな愛は大盛り上がり。「今から電話しなよ~!」と再アタックを進めていた。

1/2ページ

最終更新:6/4(日) 7:00
AbemaTIMES