ここから本文です

浜値販売、早朝から列 勝浦「カツオまつり」大にぎわい

6/4(日) 10:13配信

千葉日報オンライン

 千葉県勝浦市の初夏を味わう一大イベント「勝浦港カツオまつり」が3日、墨名市営駐車場で開かれた。日本有数の水揚げ量を誇るカツオの街で、旬の新鮮な1本を浜値で販売。カツオ料理などを扱う模擬店が昨年の約3倍と充実し会場を埋めた。ステージショーもあり、朝から多くの客でにぎわい、約1万8000人が来場した。

 イベントは市が主催で15回目。特産のカツオを全面に出した市の認知度向上や水産業の活性化が狙いだ。

 開会式で、猿田寿男市長は「カツオといえば勝浦と広く知れ渡った。水産物もたくさん用意している。ぜひ楽しんでもらいたい」とあいさつ。カツオの販売開始を宣言した。