ここから本文です

柏レイソルが8連勝を達成…浦和はPK失敗が響く/J1リーグ第14節

6/4(日) 21:08配信

GOAL

■J1第14節 柏 1-0 浦和

柏:中川寛(45+1分)
浦和:なし

明治安田生命J1リーグ第14節が4日に行われ、日立柏サッカー場では柏レイソルと浦和レッズが対戦した。試合は1-0で柏が勝利を収めた。

7連勝で首位に立つ柏は、直近7試合の失点数は4。日本代表に選出されたGK中村航輔を中心とした堅守が特長となっている。対する浦和はAFCチャンピオンズリーグの影響で、1試合消化が少ないながら、柏と勝ち点差4の4位。チーム総得点数33はリーグトップの数値となっている。

柏は序盤より、前線から積極的にプレスを掛けて主導権を握る。17分、FWクリスティアーノのクロスにMF中川寛斗が合わせるも、これはGK西川周作にセーブされる。西川は23分、角度のない位置から放たれたクリスティアーノのシュートもブロックする。浦和は37分、2試合の出場停止から復帰したDF森脇良太がボレーシュートを放つも、これは中村に防がれる。

スコアレスのまま終了するかと思われた前半アディショナルタイム、DF小池龍太が右サイドからクロスを上げると、ファーサイドのFW武富孝介が頭で折り返す。このボールにMF中川寛が頭から飛び込み、ゴールへと押し込むことに成功。前半は1-0、柏リードで終了した。

柏は48分、ペナルティエリア内でFW興梠慎三のパスをDF中谷進之介が手で防ぎ、浦和にPKを与える。キッカーは興梠。興梠はタイミングをずらし、中村の体勢を崩してからシュートを放つも、ボールは枠外。同点のチャンスを逃す。

浦和は69分、MF関根貴大がボレーシュートを放つが、これは中村がセーブ。直後の70分、柏はクリスティアーノが左足で強烈なシュート。しかし、これは西川が防ぐ。73分に放たれた興梠のシュートも、中村がセーブする。柏は83分、MF手塚康平を下げてMF細貝萌を投入。細貝にとって古巣戦となる。さらに84分、FW武富孝介を下げてFW大津祐樹を投入。運動量を維持し、逃げ切りを図ろうとする。

終盤は浦和が一方的に攻め立てたが、試合は1-0で柏が勝利。柏は8連勝で首位をキープ。浦和は6位に後退した。

Goal編集部

最終更新:6/4(日) 21:08
GOAL