ここから本文です

MEGUMI 好きなブラジャーは“総レース”

6/4(日) 11:30配信

TOKYO FM+

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。5月28日の放送ではタレント・女優のMEGUMIさんをゲストに迎え、下着の画期的な進化を空想しました。

高須:最近、こだわっている事とか、“こんな事やってみたい”とかあります?

MEGUMI:最近ですね、褒められないなって思うんです。子どもの時はトイレがうまく出来ただけで褒められたじゃないですか。でも大人になると褒められないですよね。それで、褒めてくれるブラジャーがあったらいいなと思ってるんです。

高須:褒めてくれるブラジャー!?

MEGUMI:本当にいっぱいいっぱいの時って、鼓動とか体温が変わりますよね。それをブラジャーが察知して、すごく好きな男の人の声で「頑張ってるよ!」って言ってくれたり、あったかくなったりするんです。お風呂で温まると“ふあ~”ってなるじゃないですか。あの感覚です。さらにいい匂いをシュッと出してくれる(笑)。

高須:なるほど。癒されるようなね(笑)。

MEGUMI:そんなのがあったらいいなあと。

高須:女性はブラジャーのブランドって決めてるんですか?

MEGUMI:だいたいは決めてますね。自分の胸で添い遂げてくれるものを選びます(笑)。総レースの物とかもあるんですよ。

高須:総レースはいいですね~。

MEGUMI:私も好きなんです。

高須:総レースに合う中身があるからね。

MEGUMI:でもおっぱいって作れるんですよ。私もやってますから。行きつけのお店の方が仰ってましたけど、お肉を腕からとか何なら足から持ってこいと。

高須:えー!?

MEGUMI:脂肪って、自分が腹なのかおっぱいなのかわかってないんですって。だから「アナタは腹じゃなくておっぱいですよ」って教えてあげると「自分はおっぱいなんだ!」って思うらしいです。

高須:だったら、胸のほうも「自分はここじゃないんだ」って思ってる場合もあるよね。

MEGUMI:さらに総レースで“見られてる”という緊張感が大事です。総レースでなくても、緊張感を持つことは、女子にはオススメしたいですね。

高須:いい声のブラジャーは洗えんの?

MEGUMI:装置は別売りですよね(笑)。

高須:外付けってことやね(笑)。でもそれは女性が付けてていい物じゃないですか。男性としては、綺麗に見えるほうがいいですね。

MEGUMI:そうですよね。

高須:その時にちょっと触ったら、なんかあったかくて「何やねんコレ!」ってなるのは……(笑)。

MEGUMI:そうですよね(笑)。だから一見総レースの素敵な下着なんだけど、すぐに取り外せる……チップ的な物があればいいですよね。

高須:なるほどね(笑)。

(TOKYO FM「空想メディア」2017年5月28日放送より)

最終更新:6/4(日) 11:30
TOKYO FM+