ここから本文です

ももクロが歯ブラシ専門店店長に学ぶ「歯ブラシは1本だけじゃダメ!」

6/4(日) 17:00配信

TOKYO FM+

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。
2017年6月4日(日)の放送では、「目指せ虫歯ゼロ! ピカピカ歯磨き学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。
先生は、歯ブラシ専門店「メガデント」の店長・酒向淳さん。
6月4日は、6(む)4(し)の語呂合わせで、「虫歯予防デー」でもあります。歯をキレイに磨くコツやオススメの歯ブラシなどを教えていただきました。

ーー“歯ブラシにも季節がある”


清野:酒向先生は、歯ブラシ専門店歯ブラシ専門店「メガデント」の店長さんですが「メガデント」さんでは、どのくらいの数の歯ブラシを取り扱っているのでしょうか?

酒向先生:大体、1万点の中から季節ごとに常時1000種類をいつも置いてあります。

かなこ:1000種類も!

酒向先生:実は、歯ブラシにも季節があるんですよ。

れに:えー! 初めて聞いた!

酒向先生:知覚過敏なんかは冬の水が冷たい時に起きやすいですし、暑い時は汗をかくと唾液が出にくくなって口臭が気になったりするので、季節によって使い分けるんですよ。

れに:ということは、1日の中でも朝昼晩とか、時間帯によっても違ったりしてくるんですか?

酒向先生:その通りです! 今は、朝と晩で歯磨き剤を変えたりしますね。朝は虫歯予防、晩は歯周病予防という風に使い分けています。だって、お化粧品は冬場と夏場で同じもの使っていますか?

かなこ・れに:違いますね。

酒向先生:でしょ? 日本人の女性はお化粧する時にいっぱい筆を使っていると思うんですけど、口の中に使う筆、歯ブラシは何本使ってますか? って聞くと1本なんですよね。それでは少なすぎるんです。

かなこ:そうなんだ~!

れに:以前、歯医者さんで歯の磨き過ぎは歯のエナメル質が取れちゃう原因になるから、気をつけなさいって言われたんですけど、それはどうなんでしょう?

酒向先生:形の違うもの、毛が大きかったり小さかったり、柔らかかったり尖っていたり……。こういったものを組み合わせると広い範囲をキレイに出来て病気にならないんです。

かなこ:なるほど! たくさんある中から自分に合うものを1本選ぶものだと思っていました。

れに:私もそう思ってた!

酒向先生:ほとんどの日本人がそういう誤解をしていたため、歯を失っています。

かなこ:じゃあ、日本は歯のトラブルが多い国なんですか?

1/3ページ

最終更新:6/4(日) 18:09
TOKYO FM+